スーパーフード|ミドリムシ(ユーグレナ)とは

ミドリムシ効能

昨今、注目されているミドリムシサプリ。

体に良さそうだけど、何がそんなに良いのか、ミドリムシのちから・効能を調べてみました。

 

概要

そもそも、ミドリムシとはユーグレナのことで、ユーグレナの和名です。

5億年以上前に地球で初めて生まれた「動物と植物」両方の性質をもった単細胞生物(微細藻類)で、ムシではなくワカメやコンブと同じ「藻」の仲間。

発見は17世紀にさかのぼり、顕微鏡を発明したアントニ・レーウェンフック博士によって発見され、美しい形をしていたことから、ラテン語で「美しい(ユー)眼(グレナ)」と名付けられたそうです。

 

パラミロンが凄い!

さて、ミドリムシには、動・植物の栄養素が高濃度に含まれていることが素晴らしいんですが、注目すべきは独自の成分パラミロンです。

ミドリムシ全体重量の10%を、パラミロンが占めています。

※同じ藻の仲間の「スピルナ」や「クロレラ」には、パラミロンは含まれていません。

このパラミロン! 三重らせん状をしていて、その表面にある無数の微小な穴に、コレステロールや脂肪を取り込んで、排泄してくれるんです。

なぜなら、パラミロンは腸内で消化されない食物繊維に当たるので、取り込んだものはそのまま排出されるんです。

その他、便通を促して腸の働きを良くしたり、

デットクス効果(体に入った有害な重金属を排泄する働き)もあったり、

免疫力を高め、細菌などを排泄し感染しても発病を抑えたり、肝臓を保護する働きもあるそうです。

パラミロンの働きを一言でいえば、余分なものを体外に出すことです。

メタボなわたし、あなたの救世主になるかも!

 

「動物と植物」両方の栄養素が凄い!

もちろん、ミドリムシが含有する栄養素も凄くて、野菜、肉、魚がもつ栄養素が59種類含まれています(下記の栄養素参照↓)

ビタミン類14種
αカロテン・βカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK1・ナイアシン・パテントン酸・ビオチン・葉酸

不飽和脂肪酸13種
DHA・EPA・パルミトレイン酸・オレイン酸・リノール酸・リノレン酸・エイコサジエン酸・アラキドン酸・ドコサテトラエン酸・ドコサペンタン酸・ジホモルーリノレン酸

ミネラル9種
マンガン・銅・鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウム・カリウム・リン・ナトリウム

必須アミノ酸を含むアミノ酸18種
バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・アルギニン・リジン・アスパラギン酸・グルタミン酸・ブロリン・スレオニン・メチオニン・フェニルアラニン・ヒスチジン・チロシン・トリプトファン・グリシンセリン・シスチン・

その他
パラミロン・クロロフィル・ルテイン・ゼアキサンチン・ギャバ・スペルミジン・ブレトッシン

言い方を変えれば、ミドリムシには人が生きていくために必要な大半の栄養素が含まれているから、あと主食があれば人はミドリムシだけで生存可能です。

また、現代人に不足しがちな栄養を、あれこれ補給しなくても、ミドリムシひとつで効率的に補えます。

中でも、わたしが注目したのは不飽和脂肪酸で、血中の中性脂肪やコレステロール値を調節する働き(悪玉を減らして善玉を増やす)があるので、先に書いたパラミロンで排泄できるし、ダブルの働きで健康に貢献してくれます!

 

吸収率が凄い!

ミドリムシには、生活習慣病の改善に必要な栄養が満載ですが、その栄養が吸収されやすいという素晴らしい特徴もあるんです。

なぜなら、ミドリムシは細胞壁を持っていないからです。

そのため、吸収率は95%前後(株式会社ユーグレナのHPに記載)と言うから驚きです。

野菜などはよく噛んでも吸収率は40%前後だそうですから(それは細胞壁があり、人には細胞壁を壊す酵素がないため)、ミドリムシがいかに消化吸収がいいかわかりますね。

 

若返り・長寿ホルモンを増加できる!

最後に、若返りや長寿ホルモンと言われている「アディポネクチン」が、なんとミドリムシを摂取すると増加するそうです!

だからなんでしょうね。

ユーグレナを食べているクジラは寿命80~150歳、ジンベイザメは寿命150以上かつ死ぬまで性生活を営んでいると言います。

この恐るべき健康パワーは(知能も含め)、ユーグレナの優れた栄養によってもたらされているのかもしれません。

ユーグレナのアディポネクチン関連の研究は、東京大学や慶応大学、大阪大学などで研究されているようなので、関心がある方は調べてみては?

 

株式会社ユーグレナについて

ちなみに、ミドリムシを食糧として、世界ではじめて大量培養したのは東京大学です。

ミドリムシ研究に携わっていたさまざまな団体が東京大学と連携して実験を重ね、NASAでさえ培養が難しくて成功できなかったことを成功させました。

ミドリムシの生産は、東京大学関連機関「株式会社ユーグレナ」が行なっています。

いろんな企業がミドリムシを販売していますが、元はみんな同じ「株式会社ユーグレナ」が提供しているミドリムシだったんです。

 

まずは試してみよう!という方には、株式会社ユーグレナが販売している「緑汁」がおすすめです。

内容量は1週間分で、1包3.5g×7(今だけ3包おまけで10包)です。

くわしくは、以下のサイト参照。

↓ ↓ ↓

新しい青汁「緑汁」お試し980円

 ↑ ↑ ↑
追記 2016年1月4日(火)から500円に値下がります!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事がお役に立ったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る