粉末グリーンスムージーは酵素ドリンクだった?!

グリーンスムージーの効果

粉末グリーンスムージーは酵素ドリンクだった?!

今流行りのグリーンスムージーを、わたしもワンパターンだけど「小松菜 + バナナ + 蜂蜜 + ヨーグルト + 水」で作って、ときどき朝食替わりに飲んでいましたが、面倒で、続けられそうにありません。

そこで、簡単に作れる「粉末グリーンスムージー」を利用しようと思い、複数の製品を調べてみたんですが、原材料が発酵末や発酵エキスになっていて、去年まで凄い人気だった酵素ドリンクに酷似していたし、おまけに粉末グリーンスムージーのメーカーの多くが、以前は酵素ドリンクを作っていたのです。

「これって、安易に再利用したのかも?」という疑念がわいてきて、ある販売店のサポートに粉末グリーンスムージーの製造工程を問い合わせてみましたが、「粉末グリーンスムージーの製造工程はほぼ酵素ドリンクと同じです」との回答をいただき、案の定でした。

だったら、わざわざ粉末に加工したグリーンスムージーを飲むより、酵素ドリンクのままで飲む方がよっぽど自然だから、わたしは酵素ドリンクの方を、購入することにしました。

今まで、酵素ドリンクは買わない主義だったけど…

 

酵素ドリンクの広告に嘘があること

なぜって、酵素ドリンクの広告には嘘があるから嫌でした。

「酵素を補給できる」かのように宣伝していますが、以前に、どうして酵素補給できるのか?サポートに問い合わせたら、納得できる回答がもらえずに、結局わたし自身で、酵素について調べた経緯があります。

すると、やはり、酵素ドリンクは酵素補給にならないとわかり、なおさら広告の「嘘」が嫌になり、意地でも酵素ドリンクは買わないつもりでした。

ただ、図らずも、酵素の知識を得たら、酵素ドリンクの良さが、全く別のところにあることがわかり、自分で手作りしたい位でした(手間がかかるから作れなかったんですけど)。

そして、今、粉末グリーンスムージーを飲むくらいなら、酵素ドリンクを飲んだ方がいい!となって、手作するより購入し方がダンゼン楽!となって、買わない主義が180度変わっちゃいました。

済みません、こんな経緯はどうでもいいですね。

ただ、酵素ドリンク本当の良さを、わたしは伝えたいんです!!

 

酵素ドリンクの本当の良さ

本題に入る前に、酵素の基礎知識です。

  • 酵素はすべての生き物の中で生産され、生体内化学反応に触媒として作用する高分子の物質です。
  • 人の体が生産する酵素を「体内酵素」といい、その働きから消化酵素と代謝酵素に分けられます。
  • それ以外の酵素は「食物酵素」といい、便宜上、人が食べている肉や魚、野菜や果物、海藻や穀物などなどが生産する酵素を指しています。

さて、酵素ドリンクの本当の良さは、原料を発酵させる過程で、微生物の酵素反応によって生成された糖やアミノ酸などの成分が、効率よく体内に吸収されます。要するに「消化がいい」のです。

「消化」と「酵素生産」は密接に関係していて、消化がいいと、151消化酵素の生産が少なくて済み、151ひいては代謝酵素の生産を高めるという凄いメリットがあるのです。

もっと詳しく説明すると、

一口に「体が酵素を生産する」といっても、材料が(エネルギーも)必要で、1つの酵素分子をつくるだけでも何万というアミノ酸が使われたり、ビタミン・ミネラル・脂質・糖質などあらゆる栄養素が動員され、酵素の反応にも栄養素が必要だから、体は消化活動をして材料づくりに努めます。

同時に、消化には、消化酵素が必要だから、体は最優先で消化酵素を生産しています(代謝酵素より先に生産しているということ)。

その上で、タンパク質の合成、エネルギーの生産、特定の物質づくり、不要物質の排泄、組織の修復や再生などなど、さまざまな代謝が大変なスピードで休みなく進行することで、人は生きていられるので、代謝酵素の生産もしなければなりません。

20数種類の消化酵素に対して、代謝酵素の種類はなんと!何千種類にも及びますから、体が消化酵素と代謝酵素の生産に、フル稼働していることが想像できますよね。

その上、もし食べたものの消化が悪かったり、摂取栄養が不足していたら、もっと消化酵素をはじめ代謝酵素の生産に、負担がかかることも想像できますよね。

実は、現代人の食事は消化が悪いのです。

その理由は後で説明しますが、だから体は151消化活動と消化酵素の生産ばかりに追われ、代謝酵素の生産が間に合わない程オーバーワークになっているし、消化のいい酵素ドリンクは、オーバーワークの体を助けてくれるのです。

 

代謝酵素が健康に及ぼす害

代謝酵素が不足すると、脂肪代謝、糖質代謝、タンパク質代謝に支障をきたし、肥満やメタボをはじめあらゆる生活習慣病につながることが考えられます。

実際、うちの家族はコレステロールや中性脂肪が多くて脂質異常なんですが、それが動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳梗塞になるのを心配していますが、多くの人も同じ悩みをもっていて、その根本原因は、代謝酵素不足かもしれません。

それどころか、代謝酵素が不足すれば、筋肉は動かず、脳も正常に働かず、解毒もできず、老廃物や異物は貯まる一方で、ホルモンも神経伝達物質もつくれず、物を見たり、音を聞いたり、考えたりすることすらできなくなります。

代謝酵素は、人が生きるのに必要不可欠なものなんです。

それが、消化の悪い食事が原因で不足していることが大いに考えられるため、酵素の専門家は「現代人の酵素不足は深刻だ」と言っています。

 

代謝酵素不足対策 

消化のいい食事を摂ることです。

酵素ドリンクは、何十種類もの栄養価の高い原料が、消化よく摂れるから、優れた対策になります。

それから「生」の食事をすることです。

生食を摂れば、食物自体の酵素(食物酵素)によって、151自己消化され、体が本格的な消化をする前に、糖質なら40~85%、タンパク質も30%程度が消化されるそうです。

これを事前消化と言い、本格的な消化を助けてくれるので、生野菜や、お刺身や、本来のフレッシュなグリーンスムージーなどの生食を摂ることが対策になります。

 

現代人の食事が消化が悪いワケ

この「生食」を、ほとんど摂っていないから、現代人の食事は消化が悪いのです。

食べているのは、加熱調理したり加工食品ばかりですから、熱に弱い酵素は壊されて、希に熱に強い酵素もありますが、食物酵素による自己消化の助けを借りることができないので、現代人の食事は消化が悪いのです。

生食が消化にいいなんて、わたし自身、酵素について調べる前は知らなかったので驚きました。

「生野菜は体を冷やすから温野菜の方がいい」とさえ思っていて、そういう考え方も視点が変わればアリですが、酵素の視点では生食が一番なのです。

確かに、生の食事をしているイヌイットには生活習慣病が少なかったり、野生の動物にも起こらなかったり、ペットとして飼われている動物だけに生活習慣病が起こるという事実があります。

そうして考えてみると、本来、生食を摂るのが、生物にとって自然の摂理で、自然の逆らって生きている現代人は、その代償として代謝酵素不足を招いてしまったのかもしれません。

 

その他の対策 

酵素の本場アメリカでは、消化酵素を”直接”補給するサプリメントが多く飲まれているそうです。

たんぱく質分解酵素プロテアーゼや、脂肪分解酵素リパーゼ、炭水化物分解酵素の補給アミラーゼなどの消化酵素を補給する形です。それが、人の体から抽出したものか、食物酵素に含まれているのを抽出したものか、わたしにはわかりません。

たぶん後者だと思っていますが、食物酵素を補給しても、体に吸収されて、体内酵素と同じように働くとは限らないことも補足しておきます。

たとえば、わたしが好きな「なた豆」には、尿素を分解する働きのある酵素「ウレアーゼ」が多く含まれ(これも酵素補給になる)、科学的には証明されていませんが、腎臓機能を高めることが考えられています。

なた豆にウレアーゼがあるとも無いとも知らなかった昔から、なた豆は漢方薬として腎臓にいいと伝承されてきて、ウレアーゼが見つかった今は、効果を裏付ける1つの要因になっているけど、食物酵素が、体内酵素と同じ働きをするか、どうかは科学的に証明されていないのです。

 

酵素ドリンクでは酵素は補給できない 

一方、酵素ドリンクにも、食物酵素は含まれていますが、加熱処理によってほとんど壊れているので”補給”はできません。

仮に補給できても、体内酵素として働かないかもしれないから、消化かがいいだけで十分に利点があるし、だいたい酵素ドリンクの何十種類もの原料に含まれる食物酵素の一つ一つが何なのか?健康や美容のどこに作用するのか?を調べて集めているわけじゃないんです。

つまり、酵素を飲み物ではなく、酵素補給が目的ではないのです。

原料は、ただ、栄養学的に栄養価の高いものを選んでいるだけです。

その豊富な栄養を、消化よく摂れることが、繰り返しますが体内酵素を生産しやすくなり、それが酵素ドリンクのメリットです。

なお、酵素補給が目的ではないのに、なぜ「酵素ドリンク」と呼ぶのか?と言うと、酵素反応によって作られている発酵液だから、間接的に酵素が関与しているのを利用しただけです。

また、酵素ドリンクは「置き換えダイエット」に用いられますが、これは単にカロリーを制限するためでなく、現代人の食事には、多くの消化酵素が必要だから、1回でも2回でも抜くことに意義があるのです。

もちろん、食事を抜いても(カロリーは制限しても)栄養は摂れるから、見た目をスリムにする方法としても最適です。

 

備考

酵素ドリンクは、粉末グリーンスムージーを飲むよりオススメですが、再利用が悪いと決め付けるわたしの理解不足なのかもしれません。だから、参考程度にしてください。

また、グリーンスムージーの製品には生に近いものもあり、わたしが知る限り1つだけですが、サイビー(Saiby)と言いいますが、原料を加熱しないで作りたてを真空パックにしています。

今後、オススメのグリーンスムージーでも、酵素ドリンクでも厳選して紹介したいと思っています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事がお役に立ったら、クリックお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る